1. トップページ
  2. 給湯器の豆知識
  3. ノーリツ給湯器の歴史

ノーリツ給湯器の歴史

ノーリツ、という会社はお湯づくり60有余年。お湯を通して豊かな暮しを皆様にご提供するにはどうすればいいか一生懸命考えてきました。「どこかで見たかも?」そんなノーリツの歴史・歴代給湯機器をご紹介します。

1951年(昭和26年)

家風呂の時代が来た!

能率風呂A型

まだ家風呂が珍しかった時代。生活水準の向上を目指して、風呂釜「能率風呂A型」を世に送り出しました 。

さめないタイル風呂

さめないタイル風呂

通称「平釜(ひらがま)」。効率がよく、それまでの木製風呂より「さめにくい!」と評判に。「ノーリツ」はもともと「能率風呂工業」と言う社名。「能率のいい風呂」という意味から名付けられました 。

1961年(昭和36年)

ガスを燃料に

GS釜

1960年代、家庭のエネルギーが薪・石炭からガスへと大きく転換しました。能率でもガス釜の開発を開始。当時「ガス釜は銅製」という常識を覆し、高効率でデザインに富んだアルミ製の「GS釜」を発売しました。風呂釜で初めてグッドデザイ
ン賞を受賞するほど意匠に優れていました。このエネルギー転換は、風呂を沸かす、という重労働から解放される革命的な出来事でした 。

浴室内からおふろ沸かしマジコン登場

マジコン

浴室内のリモコンから風呂釜の点火・風呂沸かし・消火ができるようになりました。それまでいちいち家の外に出ての点火・消火が当たり前だった風呂沸かしがとても便利に。「雨や雪の日に助かる!」と好評を博しました。

画期的!台所ですぐお湯が使える

台所専用の小型湯沸かし器が登場。洗いものにすぐにお湯が使えることで、家事の時短が実現。その分家族団らんの時間も増えた、とか。

1977年(昭和52年)

ユービック

小型ながらパワフルで安定した出湯能力を誇り、室内からリモコンで操作できるガス瞬間貯湯式給湯器「ユービック(湯がビック)」を開発。他社にない商品として各ガス会社から注目され、「給湯器のノーリツ」を確立した商品です。

1981年(昭和56年)

ユコア

マンションの増大に応え、パイプシャフト(PS)に収まるコンパクトなガス瞬間給湯器を開発。一台で台所・浴槽への落とし込み・シャワー・洗面所への給湯が可能に。「湯が真ん中」の意味を込めて「ユコア(湯、コア)」というネーミングに。

1982年(昭和57年)

ユコアGT

「マンションでも追いだきを!」の声に対応。ポンプを内蔵した強制循環式ふろ機能をもった給湯器「ユコアGT」を発売。「離れたおふろの追いだきOK」は給湯器の設置場所の制約をなくし(設置フリー/セットフリーなどとも呼ばれた)、マンション設計の自由度アップ、差別化を進めることになりました。また、「上下均一におふろが沸き、かき混ぜる必要がない」、「湯アカが付きにくい」と使い勝手も一層向上しました。。

1983年(昭和58年)

沸かしすぎのない全自動のおふろ

全自動のおふろ「お湯をため過ぎた!」、「おふろを沸かし過ぎた!」 おふろにまつわる一番多い失敗。リモコンのスイッチを押すだけで、予め設定した浴槽の水位、温度で自動ストップする全自動のふろ給湯器が登場。これはおふろ沸かしの安全性を確保するとともに、家事の省力化も推進。また、おふろ沸かし後4 時間の保温機能など、まちまちな入浴時間など多様化する家族のライフスタイルにも対応しました 。

1987年(昭和62年)

家庭で手軽に気泡入浴が可能

気泡入浴

温泉旅館や銭湯でなじみのある「気泡入浴」を家庭でも!と開発されたのが気泡付ふろ釜「アワジン」。ふろの自動化に加え、付加価値の高い商品として広く受け入れられました。世はバブル景気の始まりの頃。

1992年(平成4年)

ダイナミックGT

ダイナミックGT

今まで以上に「快適さ」を追求した新しいGT シリーズ。大型給湯によって2ヶ所に同時給湯ができるほか、多くの給湯端末を充実させました。出湯・止水のたびに湯温が変化する「冷水サンドイッチ現象」を抑えるために搭載されたPRO-TEC メカ。この制御の搭載によりさらに快適な質のいいお湯が提供できるようになりました 。

1993年(平成5年)

環境に配慮した低NOxバーナーを開発

低NOxバーナー

“エコロジー”“環境保全”が声高に叫ばれた時期がありました。ガス給湯機器の燃焼により排出される窒素酸化物(NOx)の量を大幅に軽減するバーナーを開発。50ppm 以下という低NOx値を達成しました。環境に、そして人にやさしくありたい、という思いを込めました 。

1999年(平成11年)

ドリーム(夢)をスタンダード(標準)に

ドリムスGT

フルオート機能、タッチボイスリモコン、低NOxバーナーなど、ノーリツの技術やノウハウを結集させ、次世代を提案する給湯器として「ドリムスGT」が誕生しました 。

2002年(平成14年)

N-et GT

徹底した安全対策を施すとともに、炎の状態を監視する機能を搭載するなど、先進の安全設計を追求。空気の汚染防止や省エネ、製品のリサイクルなど環境に対しても十分に配慮しました。暮しの快適さをつなぐネットワークの中心的存在となってほしい願いを込めて「N-et GT」と名付けました 。

2004年(平成16年)

新生活提案型の給湯器ユコア誕生

給湯器ユコア誕生

お湯を核に幅広いご家庭に快適湯生活をご提案するべく、ノーリツのガス給湯機器の総称が「ユコア」に変わりました。

2005年(平成17年)

ふろ給湯器エコジョーズ機器発売

給湯器の排熱を再利用して効率的にお湯を沸かす新発想の給湯器を発売。優れた省エネ性能を搭載し、環境にもお財布にも配慮した給湯器が誕生しました。

給湯器の無料お見積り