1. 給湯器交換TOP
  2. 業務用給湯器
  3. 業務用給湯器だからこそタフなプロ仕様

業務用給湯器だからこそタフなプロ仕様

業務用給湯機器は、家庭用の給湯器とは比べものにならない過酷な条件で使用されます。とくに長時間にわたる運転、頻繁な運転/停止の繰り返し、大流量・高流速による配管等の潰食、しかも故障による業務に滞りは何としても避けなければなりません。そのためには最もタフな給湯器が必要です。

ノーリツ「ユコアPROシリーズ」

想定される過酷さを全てクリアするアイデアと高い技術力を投入。それがノーリツ業務用給湯器「ユコアPROシリーズ」です。

過酷な設置条件にも配慮「耐塩害対策」

過酷な塩害にさられる設置場所においても耐久性を発揮できるよう、ノーリツの業務用ガス給湯器および関連塗装部材の外装(標準色のみ)には、(社)日本冷凍空調工業会規格(JRA9002)に基づいた耐塩害塗装を施しています。

耐塩害対策

注1) 沖縄、離島等の地域は対象外です。

注2)「耐重塩害仕様」をご要望される場合についてはノーリツ窓口にお問合せください。

注3) PQU-150SS、QU-1、QU-4の外装は耐塩害仕様ではありません。

大流量・高流速の潰食に耐える「エロージョン現象対策」

大流量かつ高流速のお湯がパイプ内部を削る(エロージョン現象)。また、低流量・非燃焼時の通水による結露。業務用機器ならではの使用が給湯器の寿命を短くします。ノーリツでは家庭用給湯器に比べ、肉厚を25%も厚くした缶体パイプを採用することで高耐久性を発揮します。

肉厚な缶体パイプ

缶体を腐食から守る「バイパス回路」

「運転スイッチOFF」もしくは、最低作動流量以下での通水。この使用条件は給湯器には最も過酷なもの。それまで熱いお湯が通っていた缶体に冷たい水が流れ、一気に缶体の温度を下げ、たちまち結露を発生させます。この結露水がガスの燃焼により発生した酸化物と結合し、この腐食性の高い酸性の結露が缶体を傷め、最悪の場合缶体パイプに穴が生じ燃焼ガスが漏れ出すことにもつながります。ノーリツではこうした使用時には缶体への通水を遮断、バイパス回路へ水を通し、直接出湯部から水を出す工夫をして缶体を守っています。

水、ホコリ、虫の侵入を許さない「基板ポッティング加工」

電気関連部品の耐久性向上のため、電装基板や各種安全装置・センサー類にポッティング(樹脂モールド・アクリル/ウレタンなど)加工を施しています。耐塵性に優れ、水やホコリ、虫などの侵入によるトラブルを未然に防いでいます。また、ノーリツでは放熱が必要な電源部基板は、ポッティングをせず熱による基板故障対策を行っています。

基板ポッティング加工

すぐれたメンテナンス性「修理にも配慮した専用缶体」

ノーリツの業務用給湯機器は専用の1缶体、部品点数も最小限。だから万一の故障時も迅速な修理が可能です。修理中の手間を最小限に、メンテナンス性も考慮した設計でお客さまをお待たせしません。

口コミランキング第1位 LINEで簡単お見積もり・ご相談 プロパンガス会社乗り換えキャンペーン 給湯器の無料お見積り