1. 給湯器交換のモアープランニング
  2. 給湯器ニュース
  3. ノーリツ家庭用ハイブリッド給湯・暖房システム『地球温暖化防止活動環境大臣表彰』を受賞

家庭用ハイブリッド給湯・暖房システムが
平成29年度『地球温暖化防止活動環境大臣表彰』を受賞!

ノーリツ ハイブリッド給湯器湯まわり設備メーカーの株式会社ノーリツは、家庭用ハイブリッド給湯・暖房システム(平成28年9月発売)が『平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰』を受賞したことを発表いたします。同商品の旧機種(平成25年9月発売)は平成27年度の同賞も受賞しております。
表彰式は平成29年12月4日(月)にイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で行われる予定です。

給湯一次エネルギー効率145%、業界初ノンフロン冷媒R290を採用

潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)とヒートポンプ給湯機の長所を融合し給湯一次エネルギー効率145%※1の高効率を実現

受賞した同商品は、ハイパワーな潜熱回収型ガス給湯器と湯沸し効率の高いヒートポンプ給湯機の長所を融合させることで、給湯一次エネルギー効率145%を実現した商品です。ガスのエネルギーと空気の熱の両方を利用することで、エネルギー効率の高さと、お湯の安定供給を両立させました。
ガス給湯器には高効率な潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)を採用し、ヒートポンプ給湯機には環境に優しい自然冷媒ヒートポンプを採用しました。同商品を使用すると給湯のみの利用で従来型ガス給湯器※2に比べ、CO2排出量を年間約670kg-CO2(約49%)※3削減します。

※1.「住宅事業建築主の判断基準」6地域の条件を参考に当社調べ

※2.非エコジョーズタイプと比較

※3.LPG:6kg-CO2/㎥(環境省「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令第3条」) 電気:0.579kg-CO2/kWh(環境省「電気事業者別の CO2 排出係数(2014年度実績)」における代替値)

環境に配慮した業界初のノンフロン冷媒R290(自然冷媒)を採用

当社では環境に優しいノンフロン冷媒にこだわり、業界で初めて炭化水素系自然冷媒であるR290の導入を実現しました。R290は一般的なヒートポンプに多く使用されている代替フロン冷媒のR410Aと比較すると地球温暖化係数(GWP)が約1/700(3/2090)であり、また、環境に配慮したエアコンの新冷媒として注目されているR32と比較しても1/225(3/675)で、非常に環境性に優れたノンフロン冷媒(自然冷媒)です。

必要な時に必要な分だけ効率よく貯湯する「スマート制御」搭載

さらに各家庭の給湯利用状況を自動的に学習することにより、給湯利用の時間帯と量を予測し、必要な分だけの貯湯を実現する「スマート制御」を搭載し、貯湯タンクからの放熱ロスが少ない省エネ給湯を実現しました。
大量給湯に対しては、潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)がバックアップ給湯するため、湯切れの心配はありません。