1. 給湯器交換のモアープランニング
  2. 給湯器ニュース
  3. 高効率ガスふろ給湯器エコジョーズ「GT-C2462シリーズ」のリモコンが2017年度グッドデザイン賞受

高効率ガスふろ給湯器エコジョーズ「GT-C2462シリーズ」のリモコンが2017年度グッドデザイン賞受賞

ヒートショックなどに配慮した安心と高齢者の使いやすさを上質デザインで表現。

湯湯まわり設備メーカーの株式会社ノーリツは、2017年3月に発売した、業界初となる「見まもり」と「キレイ」で入浴時の安心をサポートする機能を搭載した高効率ガスふろ給湯器エコジョーズ「GT-C2462シリーズ」の「リモコン(浴室や台所などで給湯器の操作を行うための機器)」において、「2017年度グッドデザイン賞」(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。

RC-G001Eシリーズ

RC-G001E

「GT-C2462シリーズ」は、給湯器本体に99.9%の除菌性能を実現した「UV除菌ユニット」を搭載し「キレイ」で安心をサポートするとともに、「ゆるやか浴機能」「自動入浴タイマー機能」「浴室モニター機能」により、「ヒートショック」・「のぼせ」や、「同居家族などの気づき遅れ」による入浴事故に配慮した「見まもり」で安心をサポートする製品です。本リモコンでは、「浴室リモコン」に浴室への出入りを検知する人感センサー、浴室温度を検知するセンサーを搭載し、「台所リモコン」には製品ターゲット層の高齢の方でも操作しやすい高精細フルドット液晶のタッチパネルを採用しています。これらの高いユーザビリティを、シンプルかつ上質感あるデザインで実現しました。

年々多機能化してきている給湯器の操作を、もっと使いやすく進化させ、空間と融合するように、安全で快適な生活を陰で支えるアイテムになることを願ってデザインしました。

今回の受賞では、特に「ユーザーインターフェイス」の部分が評価されました。高齢の方にとっても見やすく、操作しやすく、機能を活用できること、そして、「リモコン」というものをデザインの対象として磨き上げていることが評価されました。
今後も当社では、デザインの観点からも優れたものづくりに取り組んでまいります。

審査委員による評価コメント

あらゆる制御系製品の品質は、システムそのものの品質はもとより、ユーザーインターフェイスのデザインもますます重要である。日本のプロダクツは、この点で常に問題を抱えている。日本語圏を市場としているため、競争の原理が働きにくく、互いに低レベルに甘んじている傾向があるように感じられる。この給湯リモコンのインターフェイスは、見易さにおいては 一定の評価をすることができ、なにより「リモコン」をデザインの対象 として応募している点を評価したいと考えた。